【西海ラーメン】トルコライス(760円)
一度で良いから斧でスイカ割りをしてみたい。
神崎です。

日本だけに存在すると思われる伝統文化『スイカ割り』ですが、この数十年、やってない事を思い出してしまいました…

まあ、本当に斧でスイカ割りなんてした日には、大規模な大惨事になるのでしませんけどね(笑

それはさておき。
今日のトルコライスは、長崎市内から国道206号線を北へ。
最近様々なお店が出現している熱い界隈、時津町にやってきました。

この国道の途中、ちょうど某大型スーパーの手前付近は「ラーメン屋さん」が多くある事から『時津ラーメン街道』とも呼ばれている一帯。
その中にあるラーメン屋さん「西海ラーメン」に行ってきました。

看板の古さから歴史を感じ取れるラーメン屋さん。隣には時津まんじゅうのお店も併設されており、この饅頭屋さんが運営しているお店みたいですね。
店内に入ってみると、中は以外に広くテーブル4席に畳敷きの座席が5つほど。天井の家庭用照明といい、たくさんの漫画本といい、かなり80年代を彷彿とさせるインテリアになってます。

メニューのラインナップを見てみると、やはりラーメン屋さんらしく多くのラーメンと定食類がありますが、その中にトルコライスの文字を発見。
さっそくオーダーしてみました。




西海ラーメンのトルコライス(760円)



ドミソース…では無く、ケチャップがかけられたトンカツ・スタイル。



中華系のお店には珍しく、ドライカレーを採用してます。



ナポリタンは基本に忠実に具無し。アルデンテですね。



珍しいドライカレーにトンカツ、ナポリタンとサラダが同皿に付くタイプのトルコライス。チャーハン用の楕円形の皿に乗っているのがいいですね。

卵、玉ねぎにちゃんぽんなどにも使われている長崎はんぺんを具財としていれたドライカレーは、結構辛目の味付け。しっかりとした濃さで、これは近くにある工業地帯の肉体労働をされている方向けに考えているみたいですね。

ノーマルな厚さのトンカツの上にはドミソースではなく、ケチャップをかけて。少々硬い肉質ですが、揚げたてのサクサクになってます。

どことなくゴマ油の風味がするナポリタンは、具無しの基本スペック。
サラダも山盛りに盛られており、トマトも付けた状態。やはり工業地帯で汗して働く方々に、お腹いっぱいバランス良く食べて欲しいとの思いがにじみ出ている一皿になってました。



■店舗情報■
店名:西海ラーメン
住所:長崎県西彼杵郡時津町日並郷3645(地図
営業時間:午前11:00〜午後9:00
店休日:不定休

| 【西彼杵郡時津町近辺】 | comments(2) | trackbacks(0) |
【グリーンバンブー】トルコライス(850円)@100食目
今年もやっぱり自動車税は速攻で納付。
神崎です。

今年は、主に「トルコライス探索用」としての用途で乗っている愛車の車検も重なったため、かなり痛い出費になってしまいました…

まあ、それは将来の自分に任せるとして。



本日のトルコライス。
当面の目標として掲げていた、「トルコライス100食」。
「目指せ!100食」を合言葉にして食べ歩いてきましたが、遠い目標と思っていたその100食目を、とうとう食べる時がやってきました。

その記念すべき瞬間は、時々開催していた「トルコライス探検隊」でのトルコライスツアーとして、事前告知していた『グリーンバンブー』での実食。
今まで公式に食べていなかった「トルコライス」を食べることに決めました。


トルコライスTシャツを着用してくれた方も。私は100食目に混乱気味で忘れてしまいました…(涙



8回目を数えることになった「トルコライスツアー」に、忙しい中に時間を作り上げて10人の方が集まってくれました。(本当にありがとうございます♪)

すぐに満席になってしまう人気店のグリーンバンブーの性質を先読みして、あらかじめ開店前に集合、店が開くと同時に流れ込むという戦略を今回も採用し、すぐに席をキープ。
さっそく私はトルコライスを、隊員のみなさんは思い思いのトルコライスをオーダーしてみました。
(ステーキトルコライスが多かったですね)

いきなりの大量オーダーにあたふたしているマスターを眺めながら、次々に揃っていくトルコライス群を横目に、私のトルコライス完成を待つ。
今まで食べてきたトルコライスの面影が脳裏に次々と浮かんでくる時間を過ごし、いよいよ念願の100食目がやってきました。



グリーンバンブーのトルコライス(850円)




カツは目の前で揚げられたばかりの、アツアツ・サクサク、ホクホク。




ちょっと厚めなカツ。肉質は柔らかすぎず適度な歯ごたえ。プリプリという感じですね。旨し!!




炒められたバターライスに、カレーソースがかかるスタイル。野菜の甘さという感じのルー。




ホロホロに溶けるほどに煮込まれた牛肉と。




ナポリタンは細麺。まさしくスタンダードという感じのナポリタン。ステーキトルコと同じものですね。




隊員の方が、お祝いにとチーズケーキを焼いてくれました。感謝っ!!




トンカツにカレーソース&バターライス、ナポリタンにサラダが同皿につくスタイルのトルコライス。

目の前の厨房で直前に揚げられるカツは、言うまでもなく揚げたてのサクサク、アツアツ。ちょっと厚めなカツですが、肉なのに「プリプリ」という食感が一番ピッタリな感じの肉質ですね。

そのカツの上には、特製のカレーソースがたっぷりとかけられ、バターライスも一緒にそのソースで食べる形式になってます。カツの衣は荒いパン粉(たしか自家製)で、サクサクの衣にカレーソースの旨みが染込み、かなり嬉しい構図になってますね。

カレーソースは、野菜の甘さと表現するような感じの、ちょっと甘いルー。辛さが後からじんわりとやってきます。

細麺に仕上げたナポリタンは、以前食べた「ステーキトルコ」と同じタイプのもの。具は入っておらず、基本に忠実な感じ。
サラダも同皿に盛っているにもかかわらず、水気が出ることはなく、やはり完成度が高いトルコライスでした。



と、ここで遅れてきた参加者の方から、なんと手製のチーズケーキを100食達成記念として頂いてしまいましたっ!!
遅れてきた理由も、このチーズケーキを焼いていた為…との事で、誠に感謝感激です♪



◆〜神崎より、100食達成のお礼〜◆

2005年3月2日より開始した、トルコライスの食べ歩き&リポートブログ。
「トルコライスは長崎発祥」である事を、強力に全国へ発信する為に開設された『”行って撮って食べる実食系トルコライス専門ブログ”トルコライス マニアックス』は、多くのみなさんの支援によって無事に目標の100食を達成する事ができました。
また同時に各種メディアの方にも取り上げていただき、「長崎にトルコライスという魅力あふれる料理が存在する」事を微力ながら後押しできたと思っております。


しかしながら、もう一つの目標である『日本で最もトルコライスを食べた男』の称号は、多くの方から公称されなければ達成した事にならないでしょう。また、これからも「トルコライスは長崎発祥」であることを引き続き発信していく必要があると確信しております。


その目標を達成する為に、長崎県内はもちろん、あちこちに点在している、まだまだ知られていない店のトルコライスを発見、実食して参ります。
なにとぞ、これからも『トルコライス マニアックス』をよろしくお願い申し上げます。


2006年5月21日(日) 行って撮って食べるヒト:神崎 貴彦




P.S.
本当にありがとうございます♪

| 【西彼杵郡時津町近辺】 | comments(25) | trackbacks(4) |
【新生グリーンバンブー】ステーキトルコ(1,300円)
目標の100食まで残り25食。神崎です。
まあ、第一段階での目標ですけどね。100食は。

というわけで、75食目となった今回のトルコライスは、第6回を数える事となった「トルコライスツアー」。
目指す目的地はもちろん、本日復活を果たす「新生グリーンバンブー」です。


悲しき火事と共に炎の中に消え去ったかと思われた、深堀にあった銘店「グリーンバンブー」。
その事件の衝撃に、多くのファンの涙を長崎はもとより、全国に降らせたのでした…
しかし、そんなファンの悲しみの声が、再度の災難にあってしまったマスターの心の奥底に届き、ついに本日復活を遂げたのです。


そんな待ちに待ったグリバブ復活の日。
『平日のランチ』という条件にもかかわらず、このツアーに集まったのは総勢9名。想像以上の参加者の多さに、席数が足りるか心配になってしまいました…


花束が並んだ真新しい店舗に入ると、店内はカウンター主体の前店舗と同じ雰囲気。テーブルは1つのみで、残りはカウンターのみというスタイル。
13人も入れば、満席になりますね。

なんとか調整してもらいながら、無事に全員が着席。
さっそく新生グリバブでの初オーダーとして、ステーキトルコをチョイスしてみました。




新生グリーンバンブーのステーキトルコ(1,300円)



レア状態のステーキ肉。肉質の良さは前と同じ。トロトロです。



焼いた際に出る旨みたっぷりの肉汁を使ったソースをたっぷりと。



具無しのスタンダードなナポリタン。細めのパスタですね。



平日ならば、コーヒー&デザート付。満足。




ステーキ肉とバターライス、ナポリタンにサラダが同皿に付くスタイルのステーキトルコ。
平日ランチならば、これにコーヒーとデザートが付属で付いてきます。

前よりレア度が増した感じがするステーキ肉ですが、その肉質のすごさは変わらず。トロットロですね。
一見、生に見えそうですが脂肪質はトロリと溶け、まさにトロ。
粗引き黒胡椒と、焼いた際に出る肉汁を使ったソースがたっぷりとかけられています。

グリーンバンブーオリジナルのバターライスにも、その旨みたっぷりのソースが染み透り、絶妙なハーモニーをかもし出してますね。


まだ新しい調理場に慣れていない感じもありましたが、すぐに慣れてくる事でしょう。

時津に移った新生グリーンバンブー。
これからがかなり楽しみな銘店です。



■店舗情報■
店名:グリーンバンブー
住所:長崎県西彼杵郡時津町左底郷87-11(地図
営業時間:午前11:30〜午後2:30
午後5:00〜午後8:30まで
店休日:月曜日・火曜日

| 【西彼杵郡時津町近辺】 | comments(37) | trackbacks(2) |
【cafe ki-lala】トルコライス(850円)
50食目に何を食べようか、真剣に悩み中。神崎です。
すでに秒読み態勢に入ってきた折り返し地点の50食目ですが、未だにどこに食べに行こうか迷っています…が、秋晴れの良い天気のオフに悶々と考えても仕方がありません。
ちょうど近所に穴場チックな店があり、そこでトルコライスがあるとの情報をT・斎藤さんから受信したので、さっそく行ってきました。



自宅から車で10分程度。
サーバー管理者には鬼門と思われる岩を通り越した付近にある、税金をたっぷりと使った感1200%の建物「カナリーホール」。今回の目的地は、このホールの玄関口で営業している「カフェ・ki-lala」です。



内に一歩入ると、そこは横長のデザインチックな店舗。
インテリアも若い女性に受けそうな雰囲気でまとめられていて、しかも全席『庭園ビュー』。大きくとられた窓ガラスからは、秋晴れの抜けるような青空としっかりと手入れされた庭園が一望できる、かなり絶好の環境です。

「綺麗な庭園+平日の昼下がり」という時間帯もあってか、店内は午後のお茶を楽しむお子様連れの若い奥方様でいっぱい。男二人連れという、場違いな状況だったのですが、そこは特攻組でもある二人。たいして気にせずにトルコライスをオーダー。



カフェ ki-lalaのトルコライス(850円)。庭園ビューで味わえる。(GOOD!)




黒コショウをたっぷりと使ったドライカレー・スタイル。ちょっぴり辛め。




ナゲットのような揚げ方をしたトンカツ。自家製デミソースがかかる。




具無しの基本的なナポリタンにも、たっぷり黒コショウ。


ドライカレー・トンカツ・ナポリタンという、まさに基本的なスタイルのトルコライスですが、その味付けはかなり独特です。

マッシュルーム・ベーコン・玉ねぎなどの具材を使ったドライカレー・スタイルですが、黒コショウの風味がバッチリ効いていて、かなり辛めの味付けになってますね。

少々厚めのロースカツは、チキンナゲットのような揚げ方。自家製のデミソースと共に。見た目は油っこそうですが、たいして気にせずに食べることができました。(揚げ油が違うのかも…)
具無しのスタンダードなナポリタンですが、これにも黒コショウがたっぷりと。

見た目では、若い奥様が小さな子供を連れてくる店のようですが、こんな辛い味付けで大丈夫なのだろうかと心配しましたが、実はお客の雰囲気を確認し、子供連れや女性からのオーダーなら、ドライカレーをちょっと変えてみたり、味付けを変えてみたりしているそう。


細やかな心配りと、綺麗な庭園が楽しめる「カフェ・ki-lala」。
デートスポットにも最適なお店でしたね。



■店舗情報■
店名:cafe&restaurant ki-lala
住所:西彼杵郡時津町野田郷62(カナリーホール)(地図
営業時間:午前11:00〜午後10:00(終了時間は不定)
店休日:毎週月曜日(祝祭日以外)



≪現在48食目、折り返し地点まで残り2食!≫


| 【西彼杵郡時津町近辺】 | comments(5) | trackbacks(3) |
【がーでんれすとらん おあしす】トルコライス(900円)
ハーブ・ハーブ・らんらんらん♪神崎です。
虫除けの時期が確実に迫りつつありますが、「攻撃は最大の防御なり」という言葉もある事から、自ら自然に接してみようという事でやってきたのは、長崎市から遠く離れた「西彼杵郡時津町」。
ガーデニングをモチーフとしたカフェ、「おあしす」に行ってみました。


郊外にあるファミリーマートの広大な駐車場を使えるこのカフェは、綺麗に手入れされたガーデニングの中にある店。ガーデニング用品の店も隣接され、多くのカップルや家族連れで賑わっている店でもありました。

そんな家族愛&カップル光線が飛び交う中、jun16さんとの男性2人コンビで店内へ滑るように入り、トルコライスをオーダー。




がーでんれすとらん おあしすのトルコライス(900円)



ご飯を混ぜ込んで焼き上げた「オムレツ・スタイル」



クリームソースをあえたスパという話なのだが…



ネギを載せたハンバーグ。さっぱり。


まず言える事は、「喫茶店」ではなく「カフェ」で供されるようなスタイルになったトルコライスという事ですね。その外見は、オムレツ・ハンバーグ・白いスパゲティという事もあってか、一見すると「トルコライス」に見えないメニュー。カツでもなく、ピラフでもドライカレーでもなく、ナポリタンも付かない。さらにサラダも無し。おそらく何も言われずに出されると、これが「トルコライス」だとは判断できないでしょう。

ソースは「トマトソース」と「和風醤油ソース」の2種類を選択する事ができるので、今回は「和風醤油ソース」をチョイスしました。

■オムレツ。
 ご飯を混ぜたオムレツです。醤油風味のソースがかかります。

■スパゲティ。
 話によると「クリームソースとハーブであえた」と聞きましたが、スーパーのお惣菜コーナーに数時間晒された「マヨネーズスパ」のような食感。

■ハンバーグ。
 和風。さっぱり。以上。


…。
あ、そういえばこのファミリーマートに、限定でトルコライスの弁当が出ているとの情報を受け取りました。
コンビニ弁当でのトルコライス。
次は、このファミリーマートのトルコライスを探してみる事にします。



■店舗情報■
店名:レストラン おあしす
住所:長崎県西彼杵郡時津町左底郷1078(地図
営業時間:11:00〜22:00
店休日:火曜日


■2007年9月15日 追記
読者の方より、閉店したとの連絡が入りました。


| 【西彼杵郡時津町近辺】 | comments(4) | trackbacks(0) |
【レストラン ハピネス】トルコライス(880円)
【2009年3月】 このお店は残念ながら閉店されているのを確認いたしました。


今日のトルコは、長崎市内から遠く離れた時津町にやってきました。最近、ラジオなどで有名になりつつある「角煮焼」というアイテムを喰わせるという「レストラン ハピネス」です。

店主の話によれば、自家製の角煮を回転焼風に仕上げた品らしい。
そこまで言われたら、食べないわけにはいかないでしょう。と、いうわけでトルコの前に「角煮焼」なるものを食べてみました。



ハピネス角煮焼(200円/1個)

たしかに、噂になるほどの味だ。
角煮はトロトロに柔らかく、生地も粉っぽさが感じられない。
下手な割烹料亭よりかは、確実に旨い角煮だ。

これは、また食べにこよう。




さて、前菜は調子良かったが、メインのトルコはいかがなものか?
さっそくメニュー表にある「トルコライス」をオーダー。





レストラン ハピネスのトルコライス(880円)




カツは色が付きすぎているような気が…かなり硬い。




バターの風味を効かせた『ピラフ・スタイル』。量多し。




「ナポリタン」では無く、『ミートソース・スタイル』。旨い!



カツには独自にブレンドしたというドレッシングがかけられているが、どうもピンとこない。
さらに、カツ自体も色が濃く、硬い。
これは改善してほしい所ですね。


ピラフも極々普通の味。
しかし、スパゲティにかけられたミートソースは旨い。
聞いてみると、どうやら自家製のソースらしく自信あるソースらしい。


ハピネスのトルコライス。
まだ試行錯誤で色々考えているとの事だったので、後でまた来てみようと思います。(角煮焼も旨かったし)



■店舗情報■
店名:レストラン ハピネス
住所:長崎県西彼杵郡時津町左底郷376-1(地図
営業時間:午前11:00〜午後9:00まで
店休日:毎週火曜日
オフィシャルサイト:http://www.happy-happiness.net/

| 【西彼杵郡時津町近辺】 | comments(2) | trackbacks(0) |
行く!撮る!食べる!実食系トルコライス専門ブログ。
それが「トルコライス マニアックス」。
■当ブログ記事に書かれている内容は、私『神崎 貴彦』の個人的感想によるものです。

■現在の記録数:288食・266店舗
ゆっくりですが記録更新中です。

■画像付トルコライス一覧ページを作りました。(暇を見つつ更新します)
 ・長崎市内版  ・長崎市外版


■雑誌「CREA」2016年8月号の特集で記事を書かせて頂きました。


<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
KBC九州朝日放送「夢見カフェ(6月20日放送)にトルコライスの達人として出演しました。(2008年6月20日)

PS3ソフト「まいにちいっしょ」内の情報番組『トロステーション』に、長崎特集「トルコライス」の画像を提供しました。(2008年5月26日)

朝日放送系「にっぽん菜発見」に「トルコライス案内役」として出演しました。(2008年2月24日)

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『甘い飲み会』に出演しました。(2008年1月25日)

RKB毎日放送内「今日感テレビ」でも放送されました。(2007年2月1日)

NBC(長崎放送)報道センターNBC内の特集に出演いたしました。(2007年1月30日)

長崎新聞(2007年1月20日付)の『ナガサキフリースタイル』コーナーで紹介してもらいました。(2007年1月20日)

All about JAPAN内の『料理のABC』にオススメリンクとして紹介されました。(2006年12月9日)

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『男パフェ3(2006年10月21日)』に出演しました。

日刊ゲンダイ8月11日号「読むサイト」にて紹介されました。(2006年8月12日)

『Yahoo!JAPAN 今週のオススメサイト』に選ばれました。(2006年7月10日)

KRY(山口放送)でも『ニュースリアルタイム内特集』が放送されました。(2006年7月8日@放送日未確認)

日本テレビ系列「NIB」の『ニュースリアルタイム』(BS日テレでも全国枠で放送)に出演しました。(2006年6月29日)

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『男パフェ(2006年2月11日)』に出演しました。

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『トルコライスのすべて(2006年1月14日)』に出演しました。

ポッドキャストサイト「ちびちびながさき内テクテクナガサキVol.2(2006年1月11日)」にゲスト出演いたしました。

ポッドキャストサイト「ちびちびながさきVol.19(2005年11月15日)」にゲスト出演いたしました。

ブログポータルJUGEM「ポケマガ9月号」にて紹介されました。

ザ・ながさき2005年8月26日号「目指せ@星」にて紹介されました。

取材費用捻出コーナー