【coffee&restrant キャロット】トルコライス(750円)
【2010年11月】 このお店は残念ながら閉店し、別のお店に変わっている事を確認いたしました。


長崎検定も受験済。神崎です。

売り切れが続出していた「長崎検定マニュアル本」も事前に購入して意気込んでいたのですが、実際には勉強時間:2時間程度。
ほとんど「実力試験」になってしまいましたが、結果がどうなるか楽しみにしておきましょう…(滝汗


というわけで、そんな長崎検定を受けた後に行ってきたトルコライスは、国道206号線沿いにある「大橋バス亭」から住吉方面へ徒歩1分にある「coffee&restrant キャロット」へ行ってきました。
パチンコ屋さんの近くにある店で、交通量が多い国道沿いにある店ともあってか、多くの方が見たことある店でしょうね。

店内に入ってみると中は予想通り狭く、カウンター席がメインで奥にはテーブルが2席。10人も入れば満員になる程ですね。壁には手書きのメニューがいっぱいに貼られており、中には「ソーダ水」「コロッケ定食」なんという気になるメニューもありました。
そんな中で、目標の『トルコライス』の文字を発見。さっそくオーダーしてみました。



キャロットのトルコライス(750円)



チキンナゲットみたいなカツ。かなり大きめ。



油をたっぷり使った山菜ピラフ。珍しいチョイスですね。



太めのナポリタン。具なしの基本的なスタイル。


カツに山菜ピラフ、ナポリタンとサラダが同皿に付くスタイルのトルコライス。

基本にスタンダードな薄めタイプのカツは、かなり大きめ。
ドミソースではなくケチャップがかかります。
なんというか、まさに冷凍食品という味ですが…

珍しい山菜ピラフも、ちょっと油多めでまさしく冷凍食品。

お腹をいっぱいにするには、手軽に出来る一皿でした。




■店舗情報■
店名:coffee&restrant キャロット
住所:長崎市大橋町3-30(地図
営業時間:午前11:30〜午後8:00
店休日:第2・4火曜日
| 【長崎市内(北部/琴海町近辺)】 | comments(2) | trackbacks(0) |
【洋食出前 コックドール】トルコライス(750円)
クリスマスの夜に私と一緒にトルコライスを食べる奇特な女性を募集中。神崎です。

というのは冗談ですが、現在のところ約93%の確率でクリスマスにトルコライスを食べるでしょう。というか、ほとんど確定の予定で。



そんなクリスマスが一日一日と迫ってきておりますが、歳末ということでもあり忙しい毎日を過ごしている人も多いでしょう。
そんな時に便利なのが「出前」のサービス。
今回のトルコライスは、そんな「出前」でやってくるトルコライスにしてみました。


長崎市内から北へ20分程度にある「横尾」。
この町にあるのが、洋食専門の出前店「コックドール」です。
出前専門店という事で、実際の店舗に食べるスペースは無く、見た目は民家そのものと言った感じ。

なんとか私の家も配達地域に入っている様でしたので、さっそくトルコライスを電話にてオーダーしてみました。




コックドールのトルコライス(750円・タイムサービス価格)



基本に忠実な薄目のカツ。ドミソースではなく、トンカツソースで。



シンプルな味付けのサフランライス。



見るからに冷凍食品のエビフライ。がっかりポイントですね…



これもまた、基本に忠実な具無しナポリタン。まさにトルコライス用。



注文後、約20分ほどでやってきたトルコライスは、ラップに包まれた少々大盛りサイズ。750円という金額でしたので、コンパクトなサイズを想像していたのですが、これは良い意味で裏切られましたね。

ミックスベジタブルのみを使ったサフランライス(メニューではピラフだけど…)は、バターの塩味のみというシンプルなスタイル。
カツは基本に忠実な薄目に仕上げられており、ちょっと油っこい感じがしますが肉質も柔らかくてサクサク度も綺麗に保っています。

ナポリタンは、まさにトルコライスというべきチープなナポリタン。
もちろん具材は一切無しという状態です。


エビフライが冷凍食品100%という感じだったのが残念でしたが、750円で出前までしてもらって食べるトルコライスとしては、中々上出来の一皿でした。




■店舗情報■
店名:洋食出前 コックドール(出前専門店)
住所:長崎県長崎市横尾2丁目1−27(地図
TEL:095-857-1179
営業時間:午前11:00〜午後8:00まで
店休日:不明
| 【長崎市内(北部/琴海町近辺)】 | comments(4) | trackbacks(0) |
【地ビール工房 ビエール(あぐりの丘)】トルコライス(780円)
仕事用のカバンと財布と名刺入れはイタリア製を愛用。神崎です。

買った時に付いていたタグには、イタリア製と書いてあったのですが、それが本当かどうかは闇に葬り去っておきましょう…

それはさておき。

長崎には、手軽にイタリアなどの欧風的雰囲気を楽しめる場所があります。
それは、農業をモチーフにしたテーマパーク(?)「あぐりの丘」。
レンガを多様した設計の施設ですが、この中にあるレストランにも、しっかりとトルコライスが用意されているのです。

別取材で同行していたT・斎藤さんを連れて、多くの観光客の中に紛れて店内に入り、さっそくオーダーしてみました。




地ビール工房 ビエールのトルコライス(780円)




ちょっとぶ厚めのカツ。カレーソースとミートソースの2種がかかる。



サフランライスにカレーソースがかかるスタイル。



ナポリタンではなく、ミートソース・スタイル。



トンカツにサフランライス、カレーソースとミートソースのパスタが付くトルコライス。
カツはカレーソースとミートソースの両方がかかる状態になっており、ダブルで楽しめるようになってますね。けっこうぶ厚めのカツですが、思ったよりも硬くなく、サクサク感も上出来に仕上がっています。

あぐりの丘でも販売されている、自家製のソーセージなどを入れたサフランライスは、少々香りが強くなっていましたが、スパイシーなカレーソースと綺麗にマッチしています。

また、バターをからませたパスタは、ナポリタンではなくミートソースで仕上げています。水っぽさも無く、いい感じでしょう。


夏の暑い日に地ビール・自家製ソーセージという手もいい場所ですが、風が寒くなりつつある季節に、この欧風の雰囲気を楽しみながらトルコライスを食べるにも、オススメの場所ですね。




■店舗情報■
店名:地ビール工房 ビエール
住所:長崎県長崎市四杖町2671 あぐりの丘(地図
営業時間:午前9:00〜午後6:00
店休日:シーズンオフ時は水曜日
公式サイト:http://www.farmpark.co.jp/agurinooka/


| 【長崎市内(北部/琴海町近辺)】 | comments(0) | trackbacks(1) |
【パンプキン】トンカツトルコライス(850円)
段々と寒くなってくる季節。男ですが冷え性。神崎です。

本格的に冬になれば、指先が冷えてしまい動きにくくなる程なので、使い捨てカイロは大量に準備していたりします。

そんな私がカイロを買う所といえば、自宅から車で数分の所にある長崎市の北部、住吉にあるアーケード街「中園商店街」。80年代から、あまり見た目が変わらない商店街ですが、この中にもトルコライスを出す店があるのです。それこそが、商店街の中心部にある某大手スーパーの目の前にある喫茶店「パンプキン」。

パンプキンという店の名前から、自慢なのはカボチャから手作りで作っているという「カボチャのクリームコロッケ」らしいのですが(メニューには無いですが、このコロッケでトルコライスを作ることも可能)、ココは基本的なスタイルのトルコライスをという事で、「トンカツトルコライス」をチョイス。オーダーしてみました。




パンプキンのトンカツトルコライス(850円)



薄目の味付け。シンプルなチャーハン・スタイル。



きちんと注文を受けてから揚げられるカツ。少々ぶ厚め。



ナポリタンも基本に忠実。まさしく喫茶店という感じ。


チャーハンにトンカツ、ナポリタンとサラダが付く、まさしく基本的なスタイルのトルコライス。赤・青ピーマンと卵というシンプルなチャーハンは、薄めの味付けになってますね。
注文を受けてから揚げられたカツは、ちょっとぶ厚めで硬い食感ですが、サクサク感が高くいい感じに仕上がっています。

なぜかタバスコも一緒に出てくる所など(おそらくナポリタンに使ってくださいという意味でしょうね)、本当に昔ながらの喫茶店で食べるトルコライスという感じ。


オーダーを出してから数分後、厨房からはカツを揚げる音やチャーハンを炒める音、ナポリタンを仕上げる音などが次々と聞こえてきました。
複数の具材を楽しめる、トルコライスならではの作られる過程を音と共に楽しめる瞬間ですね。

喫茶レストラン パンプキン。
女性客の場合などは、量を調整しておまけの品を付けてみたり・・・など、家庭的な対応をしてくれるお店でした。




■店舗情報■
店名:パンプキン
住所:長崎県長崎市中園町10-4 2階(地図
営業時間:午前8:00〜午後8:00
店休日:不定休


| 【長崎市内(北部/琴海町近辺)】 | comments(0) | trackbacks(0) |
【レストラン明日香】トルコライスカレー風味(499円)
【2009年3月】 このお店は残念ながら閉店されているのを確認いたしました。


先日、腰が逝ってしまった神崎@整骨院療養中です。

腰が逝ってしまうのは、五大栄養素に次ぐ重要なビタミン類「トルコ分」が不足しているはずだ。と自分の中で大決定。具合も良くなってきたので、不足トルコ分を補給しに長崎市内は長崎大学界隈にやってきました。この周辺には、学生をユーザーとするお店がたくさんありますが、今回訪れた店も、そんな中の一つ。長崎大学教育学部の正門そばにある「レストラン明日香」です。

国道206号線沿いにあるレストラン明日香は、学生に愛されているカレーの店として地元の(中の一部の)間では有名なお店。なんと言っても、この店の驚くべきポイントは、その安さ。定食メニューが、なんと399円、+1円でカレーになるという驚きプライス。

…と、そこまで書くと「行ってみたい!」と思う方も多いでしょう。しかし、この店の罠は店内に入ってからあるのです。

店内へ一歩足を入れてみると、そこは薄暗い照明。目の前には洋画が放映されている巨大なスクリーンとスピーカー。あちらこちらに設置されている人物の彫像。テーブルや椅子は年代を感じさせるものばかり。
学生時代に経験する「希望・絶望・脱力感・願望・芸術・貧乏・etc…」がマーブル状に混ざり合った、まさしく『カオス』と呼ぶにふさわしい、あの空気がそこに漂っているのです。

取材時は平日のお昼過ぎでしたが、店内にいたのはダルそうにジュースを飲みながら洋画を見る学生2人組のみでした。

そんな特異な環境の中、怯えながらもオーダーを入れました。




レストラン明日香の「トルコライスカレー風味(味噌汁付・499円)」安っ!



ピラフをドライカレー風味にしたようなピラフ(謎)



カツは小さめ&柔らかい。2種のソースがかかる。



それにしても、面白いピラフの味が…


「トルコライス」ではなく、「トルコライスカレー風味」と言っている通り、このトルコライスには「ナポリタン」が付属しないスタイル。
別のメニューには「パスタ」が付く「トルコライス+パスタ定食(700円)」なるものがありましたが、そのコメントの欄に「ボリューム多し!2人前分ほどです。」との書き込みが目に入ったので、見てない事にしました。

マーガリンを使ったような匂いが漂うピラフを、ドライカレー風味にした未経験のスタイル。実に面白い味がします。旨いか不味いか?と問われると、返答に困る味と言えるでしょう。不味くはないのです。しかし、諸手を揚げて「旨い!」とも言えない味。
#これは食べてみればわかります。

カツは学生向けと思いきや、けっこう小さめのカツ。ドミソースと自家製と思われる少々甘辛いソースがかかってますね。柔らかめなカツです。


隅っこのテーブルで一人黙々と食べていると、店長と思わしき方が学生さんたちと親しげに洋画の会話に華を咲かせておりました。
おそらく土日の夜ともなれば、この店は洋画を愛する人たちの社交の場と化す店なんでしょう。

誰もが経験していると思われる、学生時代の混沌とした空気。
あの時代の空気をもう一度体験したい方には、オススメのお店でした。



■店舗情報■
店名:レストラン明日香
住所:長崎県長崎市大橋町10-21(地図
営業時間:11:30〜0:00(場合によっては18:00閉店)
店休日:特になし

| 【長崎市内(北部/琴海町近辺)】 | comments(8) | trackbacks(0) |
【花丘キッチンとんとん】トルコライス(780円)
昨夜はバーレーン戦で盛り上がっていた日本ですが、「バーレーン」ってどこにある国か、さっぱりわからない神崎です。とりあえず、「ニッポン勝った。わーい…」と言っておきました。

まあ、サッカーは隣に置いておいて。

梅雨入り前の晴れた土曜日の昼下がり。
今日のトルコは、地元密着型の店を求めて長崎市住吉へ。交通量が多い国道206号から少々入り組んだ処にある店「花丘キッチンとんとん」を目指しました。
道沿いにある店とは言え、その道は地元の人間しか使わないような、俗に言う裏道と呼ばれる類のモノ。それ故か、店に入ってくる人を見ていると、作業服を着た肉体労働者の方や近くのアパートの若夫婦と思われる方たちばかりで、観光客の類の方は一切見かけられませんでした。
言うなれば、まさしく「地元の食堂」と言った感じ。

メニューを見てみると、スタンダードなトルコライスはもちろんの事、「K-1トルコライス」なるトンカツやハンバーグ・エビフライなどが盛りだくさんの胃袋破壊力がありそうなモノも。

とりあえず、そんなメニューの中から最もスタンダードな「トルコライス」をオーダー。




花丘キッチンとんとんのトルコライス(780円)



トマトソースとデミソースの2種類が。



シンプルな玉ねぎのみのドライカレー・スタイル。



トマトソースはサッパリとした食味。



デミは…


シンプルな具は玉ねぎのみというドライカレー・スタイルのトルコライス。
それだけを食べると、別に素っ気無い普通のドライカレーだったが、トマトソースと一緒に食べると、味に奥行きが出てきてなかなか良い感じ。

カツはごく普通のトンカツ。
しかし、2種類のソースがかかる事によって、色々な味が楽しめるスタイルとなっています。おまけにドライカレーにもソースをまぶして食べる事によって、2倍の楽しさがあるわけですね。

まあ、総評すると「ごく普通のトルコライス」だったという事で…



■店舗情報■
店名:花丘キッチン とんとん
住所:長崎市花丘町4-8(地図
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜21:30
店休日:毎週日曜日
| 【長崎市内(北部/琴海町近辺)】 | comments(7) | trackbacks(0) |
【西友道ノ尾店内・ブロードウェイ】トルコライス(880円)
”トルコを食べたら15分間の踏み台運動を欠かさない”神崎です。
天気も良い土曜日の昼下がり。こんなまどろみの時間には、やはりトルコしかないでしょう。
と、いうわけで今回やってきたのは、自宅から徒歩でも行ける距離にある『西友道ノ尾店』。この一帯にあるマンション住民の買い物メッカとして有名な所です。

そんな地元民密着の西友の2階にあるのが「レストラン・ブロードウェイ」。
土曜日のお買い物をしたついでにお昼もココで食べちゃいましょう。といった感じ120%の家族連れで賑わっている店内へ、トルコを求めて行ってみました。


この店のトルコライスは、3種類の物が用意されていました。「ロースカツ・スタイル」、「ハンバーグ・スタイル」に、「チキン・スタイル」。(価格はすべて同じ880円)
その中でも、やはり一番スタンダードなトルコライスという事で、「ロースカツ」スタイルのトルコをオーダーしたのですが…
その直後にお冷と共に持って来られたのがコレ→

………これ、カレーライス用のじゃないのか?


お冷を飲みながら、この「薬味セット」とにらめっこをすること数分。
私のトルコライスがやってきました。



レストラン・ブロードウェイのトルコライス・ロースカツ(880円)



スタンダードな「ドライカレー・スタイル」。



カツは薄め。ドミグラスソースがかかる。



なんだか、お好み焼きっぽく見えてしまった。



スタンダードなドライカレー・スタイルのトルコ。
ボルドーっぽい薄味になっていますね。
続いてカツを食べてみるが、どうも硬い。
しっかりとした歯ごたえのカツですが、ドライカレーと合わせて食べてみても、なんの変化も無い。
極々普通の薄味ドライカレーと硬いロースカツ。カツの上にかかっているドミグラスソースは、失敗してしまったのか、ほんのわずか『焦げ臭い』。

「んむむむむ〜」と思いながら、ふと薄い色をしたナポリタンを食べてみた所、衝撃の”あの味”が口の中に広まってきたのです。



コレ、お子様ランチの味だ…


そう。
ケチャップをケチったかの様に作られた、油だらけのスパゲティに、ちょっと焦げ臭いドミグラスソースが合わさった瞬間、あの懐かしい安物のお子様ランチの味が、私の記憶データベースの中から出てきたのです。

薄いドライカレー、硬くて薄いカツ。焦げ臭いドミグラスソース。そして、このいかにも感たっぷりのナポリタン。

おそらく、意図して作られたものでは無いと思いますが、この味は紛れも無い「子供の頃にデパート食堂で食べたお子様ランチの味」そのもの。
偶然が重なり合って出来た物とは言え、思いがけない記憶を取り戻したトルコとなりました。






あ、あと「ラッキョウ」はトルコライスには合いません…(汗






■店舗情報■
店名:レストラン・ブロードウェイ(西友道ノ尾店2階)
住所:長崎県長崎市葉山1-6-10(地図
営業時間:午前10:30〜午後10:00まで
店休日:西友道ノ尾店の休日による


■2007年9月15日 追記
読者の方より、閉店したとの連絡がありました。

| 【長崎市内(北部/琴海町近辺)】 | comments(2) | trackbacks(1) |
行く!撮る!食べる!実食系トルコライス専門ブログ。
それが「トルコライス マニアックス」。
■当ブログ記事に書かれている内容は、私『神崎 貴彦』の個人的感想によるものです。

■現在の記録数:287食・265店舗
ゆっくりですが記録更新中です。

■画像付トルコライス一覧ページを作りました。(暇を見つつ更新します)
 ・長崎市内版  ・長崎市外版


■雑誌「CREA」2016年8月号の特集で記事を書かせて頂きました。


<< June 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
KBC九州朝日放送「夢見カフェ(6月20日放送)にトルコライスの達人として出演しました。(2008年6月20日)

PS3ソフト「まいにちいっしょ」内の情報番組『トロステーション』に、長崎特集「トルコライス」の画像を提供しました。(2008年5月26日)

朝日放送系「にっぽん菜発見」に「トルコライス案内役」として出演しました。(2008年2月24日)

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『甘い飲み会』に出演しました。(2008年1月25日)

RKB毎日放送内「今日感テレビ」でも放送されました。(2007年2月1日)

NBC(長崎放送)報道センターNBC内の特集に出演いたしました。(2007年1月30日)

長崎新聞(2007年1月20日付)の『ナガサキフリースタイル』コーナーで紹介してもらいました。(2007年1月20日)

All about JAPAN内の『料理のABC』にオススメリンクとして紹介されました。(2006年12月9日)

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『男パフェ3(2006年10月21日)』に出演しました。

日刊ゲンダイ8月11日号「読むサイト」にて紹介されました。(2006年8月12日)

『Yahoo!JAPAN 今週のオススメサイト』に選ばれました。(2006年7月10日)

KRY(山口放送)でも『ニュースリアルタイム内特集』が放送されました。(2006年7月8日@放送日未確認)

日本テレビ系列「NIB」の『ニュースリアルタイム』(BS日テレでも全国枠で放送)に出演しました。(2006年6月29日)

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『男パフェ(2006年2月11日)』に出演しました。

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『トルコライスのすべて(2006年1月14日)』に出演しました。

ポッドキャストサイト「ちびちびながさき内テクテクナガサキVol.2(2006年1月11日)」にゲスト出演いたしました。

ポッドキャストサイト「ちびちびながさきVol.19(2005年11月15日)」にゲスト出演いたしました。

ブログポータルJUGEM「ポケマガ9月号」にて紹介されました。

ザ・ながさき2005年8月26日号「目指せ@星」にて紹介されました。

取材費用捻出コーナー