【番外編】小値賀島ツアー「喫茶おーがにっく」のトルコライス(と見せかけた別記事)

【ご注意】今回の記事も非常に長くなっております。
お時間がゆっくりある時にご覧頂けましたら幸いです。



「カステラマニアックス」という言葉が天から降ってきましたが、光の速度で忘れるようにした。神崎です。

時々、こんな風に「謎のキーワード」が舞い降りてくる事がありますが、そのうち半分は実現が非常に厳しいワードだったりする為、できるだけ忘れるようにしています(滝汗
※本当にしませんからね(ぉ



というわけで、今回のトルコライスは、長崎市内より遠く離れて県北の地「佐世保市」へ。
この佐世保市より、さらに船に乗って移動する事1時間、小値賀島へ行ってきました。


この長崎を遠く離れた島に「トルコライス」が存在するという情報を得て、行ってきたのです…が、実は今回の取材は「トルコライス」が目的という事とは別に、もう一つの目的がありました。

それは全国的に有名な面白記事が読めるサイト「デイリーポータルZ」で長崎在住ライターをされている友人の「T・斉藤氏」の取材に同行させていただくということ。

こちらのT・斉藤氏の記事を事前に読んでおくと、さらに背景が読みやすくなるかと思います。

デイリーポータルZ無人島にある日本版ストーンヘンジ「王位石」の謎






長崎から佐世保へ行き、そこからさらに小値賀島へ。早朝に出発しないと間に合いません。




島散策という事で、本気モードのバッグ2つ持ちで望むT・斉藤氏。





今回のツアーに招聘して頂きました「おじかアイランドツーリズム」代表の高砂さん。
なんと長崎県外の出身ながら、小値賀島に魅せられて移住されてきた方なのです。




昭和レトロの雰囲気が現代に活きる町「小値賀町」の商店街へ。
トルコライスを提供しているお店は、この商店街の中にあります。








長崎市内を遠く離れて、小値賀島へ。
この小値賀島で「長崎名物:トルコライス」を提供しているというお店が、ここ「喫茶おーがにっく」さん。

小値賀島の商店街の中にあるお店で、トルコライス以外にも「いのしし汁」などの小値賀島の名物料理を提供しているお店みたいです。
期待に弾む胸を押さえつつ、さっそく「喫茶おーがにっく」さんの店内へ。



…が、取材日(月曜日)は「定休日」でした(滝涙
滞在日はこの日だけだったので、涙を飲んで次回のタイミングにかけてみる事にいたします。仕方がないので、そのまま小値賀町の待ち歩き散策を兼ねつつ、別のランチが楽しめるお店へ。










こんな昔の雰囲気が今だに残っている町なのです。これは素晴らしい!




地元民からオススメと言われた「御食事処ふるさと」さん。
今日のランチはここで食べる事にいたしました。





「御食事処ふるさと」のスペシャルランチ(1,000円)




自家製のアジの干物。臭みなどはまったく無く、この塩加減が絶妙で美味!




ブリの刺身が付属。断面の切っつけが語る新鮮度合い。まさにピチピチです。




あらかぶの味噌汁も付属。これで1,000円は安いですよ!




ランチ後は、おぢかアイランドツーリズム理事長の尼崎さんが、小値賀島の隠れたスポットを案内してくれました。※小値賀町歩きツアーとして、後日に正式採用するツアーだそうです。




古い伝承が残る神社などを散策。詳しくはデイリーポータルZのT・斉藤さんの記事にて。




本日の宿は、古民家を改装した特別仕様の家にて。なんと1軒丸ごと貸切のパッケージ。





船頭さんの家だったという古民家を改装した宿。2階がリビングですが、このセレブ感はいったい…(汗
男性2人コンビで泊まるのは勿体無いほどです。




1階は寝室やお風呂とトイレが。古民家と言っても、そこはしっかりと現代風にアレンジ。




給湯機能などもバッチリ、最先端の装備が整うお風呂。
こんな綺麗な装備だと、女性向けにもいいかも…と思っていたら、やはり東京などの首都圏から女子大生5人組みなどで泊まりに来ているとの事。




リビングがある2階へは、昔ながらの階段で。細かい所に昔の雰囲気を残しつつも、快適に過ごせるように調和が整ってます。




左の奥にあるのが台所。電気調理器具も完備されていて、自炊もバッチリ。




まるでテレビドラマの撮影にも使えそうなリビング。
こんなスペースで珈琲を飲みながら、ゆっくりと雑誌などを読んで暮らしたい…





宿にチェックインした後は、ホームステイの受け入れをされている濱元さんのお宅で民泊体験。今回は夕食を一緒に作って食べるという体験ツアーです。




お世話になった濱元さんの奥さん。小値賀島で農業を営みながら、全国各地から民泊体験の観光客を受け入れている方です。




夕食に飲むアルコール類は自前で準備。小値賀島の地元料理が並んでいきます。





時間も短かったので、下拵えをして頂いていた、白身魚のフライ。小値賀で水揚げされた地モノの魚を使ってます。



料理名は失念。ものすごく美味しかったのですが、メモしておけばよかった…




もやしとトサカ(海草の一種)を、豆腐とゴマ(自家製)、醤油と砂糖などで合えたもの。
これもかなり美味でした。




民泊体験ツアーでは、夕食を一緒に作るのが醍醐味。揚げ物をするT・斉藤氏。




お世話になった濱元さんご一家、おぢかアイランドツーリズムの方と一緒に。
民泊を始める前からも、ご主人は困っている方を家に泊まらせ、ご飯を食べさせていたりしたそうな。(なんて良い人なんだ…




古民家に帰ってきてからは、しばしのチェスタイム。
セレブ気分を十二分に味わいました。




翌朝の朝ごはんは自炊にて。港のスーパーで買った卵が絶大な威力を発してきました。
やはり旅するときには「卵」は必需品ですよ。




本日は小値賀島よりさらに隣の無人島「野崎島」へ。




住民は離島してしまい、管理人の前田さんのみが住んでいるという野崎島。こんな風景が島に着いたとたんに目に入ってきます。写真を撮るには素晴らしい環境!




宿泊は学校だった所を改築した「野崎島自然学塾村」にて。




デイリーポータルZに掲載する記事の取材で「王位石」へ出発。徒歩で3時間ほどの行程です。(BGM:ドラゴンクエスト「冒険の旅」)
案内してくれるのは「自然塾塾長」の前田さん。野崎島の隅々まで知り尽くしている方です。



野崎島には、野生の鹿が多くいます。そして見られます。「なんか変な生き物がいるぞ」と言われていることでしょう。



目的の「王位石」までは非常に長い道のり。まさしく「ドラゴンクエスト」の世界っぽいです。




大小の石が転がる道を歩き、山を2つ越えないと「王位石」にはたどり着けません。
この第一の関門で体力が無くなり、引き返す人も多いとか。




山の頂上にあった案内板。目的の「王位石」がある神島神社まで0.4kmと書いてますが、その隣に小さく「ウソ」と書いているのがポイント。(本当に0.4kmでは無いとのこと)




途中で休憩を挟みつつ、ようやく「神島神社」へ到着。ここまで長かった…




ついに目的の「王位石」と対面!!(BGM:モンスターハンター「英雄の証」
ここで自分たちが「王位」の座に付く資格があるのかを判断して頂きます(違




王位石のふもとまで登っていってから記念撮影。
私がいる場所に行くと、方位磁石が狂ってしまうとの事でしたが、本当に違う方向(石が開いた方向)を刺していました。なんらかの不思議な力が働いている場所みたいですね。




王位石「神崎よ…素質はある。血筋も悪くない…だが、まだ時が熟しておらん。修行を続けよ…」
神崎「うぃっす」



王位石からの帰りも、もちろん徒歩。途中の開けた場所で小休止。
ここ、訪問するタイミングを間違えたら山の向こう側から「ドラゴン」とか出てくるでしょう(汗




「王位石」から帰ってきた後は、村の周りを散策。
誰もいない、綺麗な白い砂浜の海岸を眺めたり、野崎教会を見に行ったりしてました。






周りが暗くなってきたら、危険(猪などが出没する、明かりが無い)なので外出は禁止。
部屋でビールを飲みつつチェスに興じます。
しかし、この場所は時間の流れが非常にゆっくりとしてますね。(時間軸がこの島だけ違うような感覚に陥るほど)
パソコンや携帯などの電子機器と切り離され、昔ながらのゆっくりとした時間が過ごせます。





夕食と朝食は自然学熟村で自炊。ここでも小値賀島で購入した卵が絶大なる威力を発揮してました。(写真は朝食の様子)




野崎島に別れを告げ、小値賀島を経由して佐世保へ。





私の目的だった「トルコライス」に出会う事は出来ませんでしたが、神秘的な空気を感じる「王位石」を訪問でき、また小値賀島の心優しい方々との触れ合いが、心癒されるひと時をすごせました。

昭和レトロを現代に残す島「小値賀島」。
また、時間の流れがゆっくりと流れる無人島「野崎島」。

パソコンやらインターネットやら、スマートフォンにSNSと、時間に追われて生活する現代人が忘れていた、自然の時の流れに身を任せるという、人間が本来持つ生活パターンを思い出したような気がします。(半年ぶりにゆっくりと眠れた事も事実。まさにITデトックス効果が絶大!)


現代的な生活に疲れてしまった方、この島を一度訪れてみることをオススメいたしますよ。
※私もまた後日、トルコライスを食べにこの島を訪れてみます。



■取材協力:おぢかアイランドツーリズム


 

コメント
先日T.斎藤さんの記事を読んだときに「あれ?神崎さんもいる!」
と思ったのですがやはりここにもトルコライスがあったのですね(^^;

ブログを始めて以来初めての「トルコライス」が登場しない記事になったのかな?
でもトルコライスには振られたみたいですが楽しい記事になっているのは流石ですね・・・
T.斎藤さんの記事と併読すれば面白さも倍増すると思います

小値賀島には行ってみたいと思いつつ県産品フェアで購入した落花生を口にすることくらいしか出来ません(^^;
父が小値賀出身で、叔父さんが今も住んでいます
小値賀が大好きでいつも行きたいなぁと思いつつ海外に行くより遠いので(大阪です)中々気軽には行けないから他の方の旅行記を読んでは思いを馳せています(^^)
とても楽しく読ませていただきました(*^^*)ありがとうございますm(__)m
  • なおこ
  • 2015/04/16 1:22 AM
チャンポンマニアックスや皿うどんマニアックスも期待してます。カスドースならなお良しw
  • きくらげ
  • 2015/04/19 12:56 PM
>心づくしさん
 再びの島渡り取材でしたが、残念ながら空振りに終わってしまいましたorz
 でも、再び再チャレンジできる機会ですので、トルコライス以外
 にも色々と面白いポイントを探してきますよ(ニヤリ

>なおこさん
 カキコありがとうございます♪
 小値賀島は初体験でしたが、出会う方々がみなさん優しい方
 ばかりで、かなり癒されました(^-^
 時間の流れがゆっくりしているところが、本当に驚きです。
 かなり良かったので、また行ってきますよ〜
>きくらげさん
 チャンポンならば、少しずつ見た目が違うので大丈夫かとは
 思いますが、カステラだと間違い探し以上の難易度になりますからねw
 #写真展なんて行った際には、とんでもない事になりそうな気が…(滝汗
  • 神崎 貴彦
  • 2015/04/20 12:49 PM
遠路はるばるのご来店有り難うございました。事前にご連絡頂いたものの、定休日に合わせての小値賀案内の予定がすでにあった為、ご要望にお答え出来ず申し訳ありませんでした。
  • 小値賀町おーがにっく
  • 2015/10/29 5:48 PM
>小値賀町おーがにっくさん
 この時はタイミングが合わず、申し訳ありませんでした。
 小値賀の方々は優しい方たちばかりで、かなり癒されました♪
 またぜひ行きたいと思ってますので、その時にはしっかり日程
 を調整して参りますね〜(^-^
  • 神崎 貴彦
  • 2015/11/13 2:21 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



【行って撮って食べるヒト】

【ONLINE SHOP】



※記事に書かれている内容は、私『神崎 貴彦』の個人的感想によるものです。

【お知らせ】
■現在の記録数:286食・264店舗
記録更新中です。


■画像付トルコライス一覧ページを作りました。(暇を見つつ更新します)
 ・長崎市内版  ・長崎市外版






【記事内容検索】


【カレンダー】
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


【最近食べたトルコライス】

【地域別トルコライスリスト】

【食べた月別トルコライスリスト】


【コメント一覧】


【トラックバック一覧】


【LINKS】


【色々出演してます(感謝!)】
KBC九州朝日放送「るり色の砂時計」に出演させて頂きました。(2012年1月8日)
朝日新聞 長崎版「まち 人 いま」のコーナーで紹介されました。(2010年10月24日)
ザ・ながさき2010年9月17日号「トルコライス行進曲」にて紹介されました。 ■日本テレビ系列「NIB」の『ニュースリアルタイム』に出演しました。(2010年9月16日)
KBC九州朝日放送「夢見カフェ(6月20日放送)にトルコライスの達人として出演しました。(2008年6月20日)
PS3ソフト「まいにちいっしょ」内の情報番組『トロステーション』に、長崎特集「トルコライス」の画像を提供しました。(2008年5月26日)
朝日放送系「にっぽん菜発見」に「トルコライス案内役」として出演しました。(2008年2月24日)
@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『甘い飲み会』に出演しました。(2008年1月25日)
RKB毎日放送内「今日感テレビ」でも放送されました。(2007年2月1日)
NBC(長崎放送)報道センターNBC内の特集に出演いたしました。(2007年1月30日)
長崎新聞(2007年1月20日付)の『ナガサキフリースタイル』コーナーで紹介してもらいました。(2007年1月20日)
All about JAPAN内の『料理のABC』にオススメリンクとして紹介されました。(2006年12月9日)
@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『男パフェ3(2006年10月21日)』に出演しました。
日刊ゲンダイ8月11日号「読むサイト」にて紹介されました。(2006年8月12日)
『Yahoo!JAPAN 今週のオススメサイト』に選ばれました。(2006年7月10日)
KRY(山口放送)でも『ニュースリアルタイム内特集』が放送されました。(2006年7月8日@放送日未確認)
日本テレビ系列「NIB」の『ニュースリアルタイム』(BS日テレでも全国枠で放送)に出演しました。(2006年6月29日)
@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『男パフェ(2006年2月11日)』に出演しました。
@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『トルコライスのすべて(2006年1月14日)』に出演しました。
ポッドキャストサイト「ちびちびながさき内テクテクナガサキVol.2(2006年1月11日)」にゲスト出演いたしました。
ポッドキャストサイト「ちびちびながさきVol.19(2005年11月15日)」にゲスト出演いたしました。
ブログポータルJUGEM「ポケマガ9月号」にて紹介されました。
ザ・ながさき2005年8月26日号「目指せ@星」にて紹介されました。

【取材費用捻出コーナー】








【携帯にようやく対応しました】
qrcode
↑読み込むと、携帯でもトルマニが見れます。(探索に便利!!)



【その他】

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM