【ほっともっと】トルコライス(450円)
iPad用のアプリ「トルコライス マニアックス」が出来ればいいなぁ(独り言)神崎です。

とうとう日本でも販売された、appleの新製品「iPad」。iphoneは新型を購入予定ですが、これも欲しい物だったりしますね。

そんなiPadで見れるトルマニのアプリが作れれば面白いなぁ…と妄想していたりしまふ(ぉ


タッチすれば、湯気があがる動画が見れたり、店舗への地図がgoogleMAPで表示されたり。
まあ、とりあえずはiphoneを買う事からはじめるとしておいて(マテ


今回のトルコライスは、ちょっと着目点を変えて「お弁当屋さん」に注目。
全国的に展開しているお弁当チェーン「ほっともっと」に行ってみました。

前にも「まんぷくトルコライス弁当」というお弁当を限定で展開したところなのですが、なんと今回も限定で「トルコライス」のお弁当を出してきたとの情報があったのです。

店頭には「トルコライス」とののぼりもあり、かなりの本気度を感じますね。


店内に入ると、調理場が見える窓の上にも「トルコライス」と大きな看板があり、通常のメニューの上に「トルコライス弁当」の表記が。これは嬉しい限りですね♪
間髪入れず、光の速度でオーダーしてみました。








ほっともっとのトルコライス(450円)





メインの具材は「カレーハンバーグ・スタイル」。



附属の具材として「一口チキンカツ」が付いてきます。




さらにさらに、スクランブルエッグ&ウインナーも。ボリュームたっぷりですね。




サラダの代わりなのか、千切りキャベツを敷いたご飯は、ハンバーグのカレーソースで。




こってり味に仕上げたナポリタンは、玉ねぎとさやいんげんを入れて。




注文すると、「5分程度お待たせしますが、よろしいですか~?」との店員さんの問いが。
品数が多いためか、普通のお弁当と比べてちょっと待ち時間があるみたいですね。

待つこと数分、やってきたトルコライスは「カレーハンバーグ」に「一口チキンフライ」、「ウインナーとスクランブルエッグ」と、ナポリタン、漬物が付いてくるスタイルのトルコライス。
かなりの品数の多さですね。

カレーソースで煮込まれたハンバーグは、肉質100%というほどのしっかりした食べ応え。
ボリュームは控えめな感じに見えますが、カレーの辛さもほどほどで、わりと満足できるサイズですね。

タルタルソースまでしっかりと付けられたチキンカツといい、ウインナーとスクランブルエッグといい、この価格で提供されるお弁当としては、なかなかの具材の多さでしょう。

基本的なトルコライスに付き物の「トンカツ・スタイル」でなかったのはちょっと残念なところですが、おそらく「オムレツ・ハンバーグスタイル」のトルコライスを目指していたかのような仕上がり。

全国的に食べられるみたいなので、長崎は遠くて食べに行けない方に、気軽にトルコライスを味わうことができるものとして、貴重な存在だと思いますね。
#ぜひ、トンカツスタイルも作って常時販売をっ!!




■店舗情報■
店名:ほっともっと
住所:全国に点在
営業時間:店舗による
店休日:店舗による
参考リンク:ほっともっと 公式サイト


| 【コンビニ・スーパー】 | comments(8) | trackbacks(0) |
【AMPM】たいめいけんのトルコライス(580円)
最近欲しいDSのゲームは「世界史B」。
神崎です。
ちょっと前に私も話題のDSを購入したのですが、店頭のPOPに書いてあった「カノッサの屈辱とはどんな事件でしたか?」という問いに、明確に答える事ができず、じわりじわりと物欲が増してきています(汗

このソフトを買ってしまうと、おそらく世界史→日本史→TOEICという流れになるのが明確なので、買わないように気をつけてますけどね…


まあ、それはボーナス時期を待つ事として(ぉ

今回のトルコライスは、再び趣向を変えてコンビニのトルコライスに注目。
長崎では貴重な存在と言える「AMPM(最近1店舗増えました)」にて、なんと東京の老舗洋食店「たいめいけん」と協力して作ったというトルコライスが限定販売されるという情報を得て、行ってきたのです。

自宅からはちょっと離れた位置にあるコンビニになるのですが、車を走らせてしっかりと確保。さっそく自宅にてレンジアップしてチェックしてみました。




AMPMの「たいめいけんのトルコライス」(580円)



じっくりと炒めた玉ねぎとひき肉のカレーペーストがかかる、ドライカレー・スタイル。



いつものチキンカツには、ハヤシライスソースがたっぷりと。



基本に忠実にナポリタンも付属。ここらへんはしっかりと押さえてますね。



最近よく見かけるようになった四角い皿に入ったトルコライスは、ドライカレーにチキンカツ、ナポリタンとサラダの代わりにソテーされたインゲンや人参、ポテトが付くスタイルのトルコライス。

具材を入れていないプレーンな状態のドライカレーには、その上にひき肉と玉ねぎをじっくりと炒めたようなカレーペーストが一面にかかってます。
ドライカレー自体はそんなに辛くないのですが、このカレーペーストがピリリと程よい辛さを演出してますね。

そぎ切りっぽく切られたカツは、トンカツではなくチキンカツ。その上にはなんと珍しいハヤシライスソースがたっぷりとかけられています。
グリーンピースもしっかりとついていて、銀座の老舗洋食店のこだわりが感じられますね。

玉ねぎとピーマンを具材として使ったナポリタンは、長崎のトルコライスと比べてボリュームを押さえた一口サイズ。ケチャップ感も押さえられていて、サッパリと食べられる仕上がりです。


長崎名物のトルコライスを、東京は銀座の老舗洋食店が作るとこんな感じになる。極めて貴重な体験が出来た一皿でした。




■店舗情報■
店名:AMPM(コンビニ)
住所:全国各地に点在
営業時間:24時間営業
店休日:無
参考リンク:AMPM公式サイト
※たいめいけんのトルコライスは限定商品みたいです。



| 【コンビニ・スーパー】 | comments(4) | trackbacks(0) |
【ローソン】スパイシートルコライス(480円)
機内食にトルコライス実装を希望。神崎です。

先日、出張で飛行機に乗る機会があったのですが、私の人生で一度も「機内食」という物を食べた事がなかったりします(涙
国内線ではよほどの席で無ければ機内食が出ないみたいですが、一度だけでも食べてみたいものですね。

できれば、長崎発着の国際線の機内食に「トルコライス」が実装されれば…(マテ


まあ、そんな事はどうでもいいとして。


今日のトルコライスは、再び視線を変えてコンビニのトルコライスへ注目。
以前もトルコライスを出している「ローソン」から、また新しいスタイルのトルコライスが出たという情報を得て、さっそく自宅近くのローソンへ。
時間はお昼過ぎというタイミングでしたが、なんとか1個だけ残っていたトルコライス弁当を発見、光の速さで捕獲してきました。




ローソンのスパイシートルコライス(480円)



蓋オープン。以前のバージョンとは違うスタイルですね。



パセリを振りかけられた、ドライカレー・スタイル。辛めな味付けですね。



削ぎ切りになったカツ。粗挽きの黒コショウが入ったドミソースがかかります。



パスタはナポリタン。基本に忠実に具無しで再現されてます。




唐辛子が入ったササミの和え物付。和という文字が入りますが、これも劇辛。


カレーピラフにトンカツ、ナポリタンとササミの和え物が付くスタイルのトルコライス。全体的に辛めな雰囲気になってますね。

細切れのニンジンを具材として使ったピラフは、カレー風味の味付け。「スパイシー」という名前の通り、かなり辛い仕上がりになってますね。

削ぎ切りにされたトンカツの上には、なぜか粗挽きの黒コショウが入ったドミソースがかけられた状態。ピリリとした味付けのソースですが、トンカツはいつもの味。
細めのパスタを使ったナポリタンは、基本に忠実に再現された「具無し」。スパイシーな味付けの中で、これは普通通りの味付けになってました。

サラダ代わりに付いてきているのが、輪切りの唐辛子がダイレクトに入ったササミの和え物。これはかなり辛い!!


ライス、ソースはもちろんの事、商品名の通りに「スパイシー」という名前の通りに作られたトルコライス。
夏の暑い日に食べて汗をかくには最適のトルコライスでしょうね。

これでローソンからは3種のトルコライスが出現してきました。
これからもどんどん出してきてほしい所ですね。(できれば常駐で…)




■店舗情報■
店名:ローソン
住所:全国各地に点在。
営業時間:24時間営業
店休日:なし
オフィシャルサイト:http://www.lawson.co.jp/
| 【コンビニ・スーパー】 | comments(6) | trackbacks(0) |
【ほっかほっか亭】まんぷくトルコライス(490円)
「ウィンナー」なのか、それとも「ウインナー」なのかが気になって仕方が無い。神崎です。

アボカドとアボガドは良く聞く話なのですが、このウインナーは未だに謎が解けない、神崎的都市伝説にラインナップされている悩みでもあります(マテ

まあ、そんな事はどうでも良い事としておいて。


今日のトルコライスは、ちょっとポイントを変えてお弁当のトルコライスに注目。
「お弁当」と言えば、長崎では「ほっかほっか亭」がメジャーな存在なのですが、今月からこの「ほっかほっか亭」でもトルコライスが販売されるという事もあり、さっそくタイミングをつかんで行ってみたのです。

家の近所にあるほっかほっか亭に行ってみると、大きな看板に「まんぷくトルコライス!」という文字が大きく飾られていて、これは嬉しいポイントですね。
人気が高いアイテムになりそうで、売り切れを心配していましたが、なんとかトルコライス弁当をゲット。持ち帰ってから早速開けてみました。




ほっかほっか亭のまんぷくトルコライス(490円)



蓋オープン。通常のトンカツ、ナポリタンの他にもウインナーはハンバーグの姿が見えます。



一口大…とは言えない程の大きいハンバーグ付。これはボリュームありますね。



ケチャップ感あふれるナポリタン。しっかりバターを絡ませているみたいです。



キャベツの千切りを乗せた白ごはん。


白ご飯にトンカツ、ナポリタンの基本パーツにハンバーグ、さらにウインナーまで2本付いてくるスタイルのトルコライス。『まんぷく』という名前に恥じないようにパーツが多いスタイルになってますね。

3個程度と大きめに切られたトンカツには、別添のソースをかける状態。そのカツの下にはサラダの代わりなのか、キャベツの千切りが敷き詰められてます。
ピーマンと玉ねぎを具材として使ったナポリタンは、しっかりとバターを絡ませた仕上がり。ケチャップ感も予想よりたっぷりありますね。このナポリタンの上には、ボイルしたウインナーが2本も付属。
さらには、フルサイズのハンバーグが丸々一個。これには結構辛めの味付けになっているカレーソースがたっぷりとかけられています。

一口大のハンバーグというのは時々見かけるスタイルですが、フルサイズというのは珍しいですね。


トンカツにナポリタン、ウインナーとハンバーグというパーツに恵まれた仕上がりのまんぷくトルコライス。普通の白ご飯だったというのが残念なポイントですが、これがドライカレーやカレールーが別に付いてくるスタイルになっていたりすると、さらに高ポイントのトルコライス弁当になるでしょうね。



■店舗情報■
店名:ほっかほっか亭
住所:日本全国に点在
営業時間:各店による
店休日:各店による
参考リンク:ほっかほっか亭 公式サイト

| 【コンビニ・スーパー】 | comments(15) | trackbacks(2) |
【セブンイレブン】炭火焼牛ステーキトルコ(680円)
次に買いたい携帯は「iPhone」。神崎です。

つい先日アメリカで発売された「iPhone」、日本では通信方法の違いで使用する事ができないみたいですが、どこかの会社がやってくれる事を信じて、古い携帯電話を使い続ける事にしまふ(マテ


まあ、それは遠い未来に夢を託す事にしておいて。

今日のトルコライスは、趣向を変えて久しぶりにコンビニのトルコライスに注目。セブンイレブンから新しいスタイルのトルコライスが発売されたとの情報を得て、さっそく近所にあるセブンイレブンへ行ってみました。

このセブンイレブンのトルコライス、以前に食べたのは2006年の9月。約半年以上を経過して、新しいバージョンを発売したみたいですね。
平日のちょうどお昼過ぎ頃に行ってみたのですが、なんと残り2個という状態で確保に成功。自宅に持ち帰ってレンジアップ。封を開けてみました。



セブンイレブンの炭火焼牛ステーキトルコ(680円)



パセリを散らした、いつもの味のピラフ・スタイル。



カレールーの様にステーキソースがなみなみと入ってます。



細めのパスタを使った、ナポリタン。これも変わらぬ味ですね。


ピラフにステーキ肉にナポリタンと、珍しい「ステーキ・スタイル」のトルコライス。前回食べたのはノーマルな感じのトルコライスだったのですが、今回はなんと「炭火焼」しかも「ステーキ」。まるでこのページを見ているかのような感じですね(笑

以前食べた物と同じ、細切れになった人参と玉ねぎ、コーンを具材として使ったピラフは、バターを効かせたしっかり味。パセリを散らしているのも同じスタイルですね。
メインのステーキ肉は、ステーキと言うにはちょっと薄さが気になる所ですが、ステーキソースもカレールーのごとくたっぷりと入っている状態。
名前の通り、炭火の風味もしっかり付いていますね。

細めのパスタを使ったナポリタンも、以前と同じ。


ドリアスタイルからピラフスタイル、そして今回のステーキスタイル。
次々に進化を進めていくコンビニのトルコライス。今後も注目ですね。


■店舗情報■
店名:セブンイレブン
住所:全国各地に点在(九州限定?)
営業時間:24時間営業
店休日:年中無休
参考リンク:セブンイレブン公式サイト
| 【コンビニ・スーパー】 | comments(0) | trackbacks(0) |
【AMPM】洋食屋さんのミックスプレート(495円)
ヤマザキ製パンの「ベルギーチョコパン」がマイブーム。神崎です。

基本的にチョコは好きな部類の人間なのですが、最近「ベルギーチョコ」と名前が付いた商品を良く見かけるようになりましたね。

私の中では「チョコレート=南(赤道付近)の国」という図式になっているのですが、なんで『ベルギー=チョコ」となるのか、今日この頃の悩みになってます…


まあ、それはどうでも良い事として。

今日のトルコライスは、ちょっと趣向を変えてコンビニのトルコライスに再び注目。
読者さんからの情報があった「am/pm」で販売されているという、トルコライス(に良く酷似したお弁当)を探してみる事にしました。

日本の西の果てにある「長崎県」で『am/pm』を探すのは、極々簡単。
その理由は、長崎では「JR長崎駅前」にしかam/pmが存在していないからなのです…(涙

というわけで、早速長崎駅前へ。
駅前高架橋を過ぎてコンビニの中に入ってみると、カウンターの下付近にある「店員の人にオーダーして温めてもらう」形式のお弁当の中に、そのトルコライスに良く似たお弁当『洋食屋さんのミックスプレート』を大発見。
オーダーシートを光の速さで取得し、さっそくオーダーしてみました。




AMPMの「洋食屋さんのミックスプレート」(495円)




ケチャップ感あふれる「チキンライス・スタイル」。




ちょっとメンチカツっぽい食感のカツ。柔らかい肉質ですね。




ナポリタンではなく、カレーパスタ。逆だったらいいのに…


ちょっとメンチカツっぽいトンカツと、ケチャップ仕立てのチキンライス、カレーピラフという構成の「洋食屋さんのミックスプレート」。

温めるタイプのお弁当にしては、かなり珍しいケチャップ感あふれる食感のチキンライスは、具材というか、ライスの上にトッピング調にチキンとグリーンピースが乗せられている仕上がり。
かなりの謎ですが、人参も「1切れのみ」入れられていました。

結構ぶ厚めなカツは、肉の食感を十分に味わえる状態。
ちょっとメンチカツっぽい感じで、かなり柔らかい肉質ですね。ドミソースもしっかり染みとおっています。

ケチャップ仕立てのライスと対比するかのようにあるのが、このカレーパスタ。玉ねぎとウインナーの薄切りが具材として使われていて、なぜかこれにもジャガイモが「1切れのみ」入っていました。
全体的に黒コショウで味付けされていて、ピリ辛仕上げですね。


ライスとパスタの味付けを、一般的なトルコライスと逆にする事によって棲み分けを考え、さらにギリギリのコストの中でも野菜を入れるという、開発担当者さんの苦悩がにじみ出ているかのような一皿。

以前は「トルコライス」という名前のメニューもあったのですが、この「洋食屋さんのミックスプレート」に代わってしまったみたいです。
うむむむ…、これは味付けを逆にして、「トルコライス」という名前で復活させて欲しい一食でした。




■店舗情報■
店名:am/pm(コンビニエンスストア)
住所:全国各地に点在
営業時間:もちろん24時間
店休日:無し
参考リンク:AMPM公式サイト

| 【コンビニ・スーパー】 | comments(10) | trackbacks(0) |
【エフ厨房】トルコライス弁当(610円)
年越し蕎麦が食べれない。神崎です。
つい先日まで日本中を包み込んでいた年末年始ムードの風物詩の一つとして揚げられる「年越し蕎麦」ですが、実は蕎麦アレルギーの為にこの数十年食べていなかったりします。

子供の頃は食べていたのですけど、いつか再び食べてみたいものです…(涙


まあ、それはさておき。

2007年第1食目となるトルコライスは、お店ではなく嗜好を変えてお弁当屋さんのトルコライス。長崎港近く「夢彩都」でも営業している「エフ厨房」のトルコライスにしてみました。

今回行ってきたのは、その中でも自宅から一番近い位置にある「長与駅」前にあるエフ厨房。近くには話題のパン屋さんや、石焼きカレーのお店なども出来ているポイントで、この数年で急に開けてきている場所ですね。

お店の入り口に飾られているメニュー表の中でも、一番大きなスペースを使って出ているアイテムが、このトルコライス。かなり自慢の一品みたいです。
メニュー表の中には、「シーフードトルコライス」という亜種もありましたが、今回はスタンダードな『トルコライス弁当』をチョイス。オーダーして持ち帰ってみました。



エフ厨房(長与店)のトルコライス弁当(610円)



自家製パン粉を使ったトンカツ。サクサクです。



玉ねぎのみを具材として使ったシンプルな「ドライカレー・スタイル」。



ナポリタンは具無し。おまけの一口ハンバーグが嬉しい!




トンカツにドライカレー、ナポリタンと、驚くべき事にサラダが別パックで付いてくるトルコライス弁当。

ちょっとぶ集めなカツは、自家製のパン粉を使って揚げられているみたいですね。少々硬い肉質ですが、サクサク感もバッチリ。

玉ねぎのみを具材として使ったシンプルなドライカレーは、それほど辛さは無い味付け。しっかりパラパラの食感を保持しています。
基本に忠実な具無しのナポリタンは、チープ感あふれる良いスタイル。
#やはりトルコライスのナポリタンといえば具無しが基本ですね。
おまけに一口サイズのハンバーグが付いているのが嬉しいポイントです。

水気が混じるのを嫌ってか、別パックでサラダが用意されている所も驚きで、お弁当としてのトルコライスとしては中々高い仕上がりを見せている一皿でした。




■店舗情報■
店名:エフ厨房 長与店(夢彩都店もあり)
住所:長崎県西彼杵郡長与町吉無田郷2021-9(地図
営業時間:不明
店休日:不明



| 【コンビニ・スーパー】 | comments(0) | trackbacks(0) |
【セブンイレブン】ピラフのトルコライス(495円)@九州限定メニュー
まもなく台風が長崎に遊びに来ようとしている状況から、神崎です。

台風と言えば「コロッケ」を食べて過ごすのが一般的(?)みたいなのですが、今回の台風はコロッケを食べる段階ではなく、本当に避難しないといけない状態みたいです…(涙

まあ、とりあえずはしばらく様子を見る事として。


今日のトルコライスは、趣向を変えて再びコンビニのトルコライスに注目。
読者の方よりセブンイレブンからトルコライスが九州限定メニューとして発売されているとの情報が入り、さっそく調べてみた所、以前食べたのとは違うスタイルで完成している様子。

台風による強風が厳しかったですが、さっそく近所のセブンイレブンへ買いに行ってみました。





セブンイレブンの「ピラフのトルコライス(495円)



バターの風味を効かせたピラフ・スタイル。



チキンナゲットみたいな食感のカツには、デミソースがたっぷりと。



基本に忠実に再現されたナポリタン。具無しですね。



以前食べたセブンイレブンのトルコライスは「カレードリア・スタイル」という珍しいタイプのトルコライスでしたが、今回は「ピラフのトルコライス」という商品名の通り「ピラフ・スタイル」のトルコライス。

人参と玉ねぎを具財として使ったピラフは、バターの風味を効かせて炒められたピラフというよりも「バターライス・スタイル」。
しっかりした味付けですが、ちょっと油っぽいのが今までに無かった感じですね。

チキンナゲットっぽい食感のカツには、デミソースがかなりたっぷりとかけられています。
ナポリタンも具無しを再現しており、サラダは付属しないタイプ。


今までコンビニのトルコライスは複数食べてきましたが、その中でも一番完成度が高い感じに仕上がっているトルコライス弁当ですね。

開発者の方々の苦労が目に浮かぶような雰囲気ですが、それぞれの作り方がまるで、このブログを見ているかのような感じがする一皿でした(滝汗



■店舗情報■
店名:セブンイレブン
住所:全国各地(トルコライスは九州限定メニュー
営業時間:24時間
店休日:年中無休
参考リンク:セブンイレブン公式サイト

| 【コンビニ・スーパー】 | comments(0) | trackbacks(4) |
【ローソン】トルコライス(470円)
「どっちの料理ショー」が終わるというニュースに衝撃を受けている。神崎です。

いつかは「トルコライス」を出演させたいと思っていただけに、かなり残念な事ですが、特番などで復活する時があったらぜひともトルコライスを出して欲しいものです…
まあ、とりあえず「おいしい応援団」への出演は将来の希望としておくとして。


今回のトルコライスは、再びコンビニのトルコライスに注目。
九州限定メニューとして大手コンビニ各社から「トルコライス」のお弁当が発売される時がありますが、今回もローソンからトルコライスのお弁当が発売されたという情報がありましたので、さっそく近所のローソンへ。

レジ横に設置されたお弁当コーナーに行くと、大きく「長崎名物トルコライス!」と書かれたPOPも発見。
一人、お弁当コーナーの前にニヤリニヤリとしながら購入してきました。




ローソンのトルコライス(470円)



パセリを散らしたドライカレー・スタイル。



カツの上には半熟っぽい卵(オムレツ?)と玉ねぎ入りのドミソースがかかる。



ナポリタンは玉ねぎ入り。もうちょっとケチャップ感があれば…


前回もローソンからトルコライスが発売された時に食べたのですが、今回のトルコライスはちょっと変わったスタイルに。
ドライカレーにトンカツ、ナポリタンの基本構成は変わってないのですが、トンカツの上に半熟っぽいオムレツ(?)とドミソースがかかった状態になってますね。


パセリを散らしたドライカレーは、かなり細かく刻まれた人参を具材として使った仕上がり。ちょっぴりスパイシーな味付けです。

半熟みたいなオムレツが申し訳程度に乗ったカツは、以前のトルコライスと同じ食感の肉質。玉ねぎ入りのドミソースがかかってます。
もちろん、同じ玉ねぎを入れたナポリタンも附属。

限られたコストと環境でトルコライスを再現する。
開発担当の方々の苦労が目に見えるようなトルコライスでした。


【おまけ】
ローソンからは、トルコライスのおにぎりも販売しているとの情報があったので、これも同時に購入。



ローソンのトルコライスおにぎり(170円)



ドライカレーの中にトンカツが入ったスタイル。ナポリタンは無し。



■店舗情報■
店名:ローソン(コンビニ)
住所:全国各地
営業時間:24時間営業
店休日:年中無休
参考サイト:ローソン公式サイト
※トルコライスは地域・期間限定の販売みたいです。

| 【コンビニ・スーパー】 | comments(3) | trackbacks(1) |
【セブンイレブン】トルコライス風ドリア(450円)
桜餅は葉ごと食べる派。神崎です。

桜餅は葉ごと食べますが、柏餅は葉を外します。
というか、あの葉を全部食べる人を見てみたいです。


というわけで。


今日のちょっと寒くなった本日のトルコライスは、ちょっと趣向を変えた一皿。
先月28日より九州地区のセブンイレブン限定で、トルコライスの弁当が発売されたという情報が寄せられたのです。
長崎にセブンイレブンが出来始めたのは、このわずか数年の出来事。
まだ真新しいセブンイレブンを求めて郊外を探し、ようやく買ってきました。



セブンイレブンのトルコライス風ドリア(450円)



小さく、薄く、硬い食感のカツ。カレーソースがかかる。



卵とチーズがかかったドライカレードリア・スタイル。



具は玉ねぎ(ソーセージも?)のナポリタン。



カツにドライカレーのドリア、ナポリタンというスタイルのトルコライス。

トルコライスの基本「カツは薄目」に忠実に再現されたカツは、大きさも小さく硬い食感。カレーソースがかかります。
薄焼卵を載せた具なしドライカレーの上には、とろけるチーズが乗せられた、カレードリア・スタイルですね。(まさしく商品名通り)

玉ねぎのみのナポリタンには、なぜかトマトソースとソーセージの輪切りが添えられています。


トルコライスと呼ぶには、ちょっと風変わりなスタイルですが、全国区でも発売される事を祈る一皿でした。




■店舗情報■
店名:セブンイレブン(九州地区限定販売)
住所:九州各地
営業時間:24時間営業
店休日:なし
参考URL:セブンイレブンニュース(新商品情報)
| 【コンビニ・スーパー】 | comments(3) | trackbacks(0) |
行く!撮る!食べる!実食系トルコライス専門ブログ。
それが「トルコライス マニアックス」。
■当ブログ記事に書かれている内容は、私『神崎 貴彦』の個人的感想によるものです。

■現在の記録数:288食・266店舗
ゆっくりですが記録更新中です。

■画像付トルコライス一覧ページを作りました。(暇を見つつ更新します)
 ・長崎市内版  ・長崎市外版


■雑誌「CREA」2016年8月号の特集で記事を書かせて頂きました。


<< November 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
KBC九州朝日放送「夢見カフェ(6月20日放送)にトルコライスの達人として出演しました。(2008年6月20日)

PS3ソフト「まいにちいっしょ」内の情報番組『トロステーション』に、長崎特集「トルコライス」の画像を提供しました。(2008年5月26日)

朝日放送系「にっぽん菜発見」に「トルコライス案内役」として出演しました。(2008年2月24日)

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『甘い飲み会』に出演しました。(2008年1月25日)

RKB毎日放送内「今日感テレビ」でも放送されました。(2007年2月1日)

NBC(長崎放送)報道センターNBC内の特集に出演いたしました。(2007年1月30日)

長崎新聞(2007年1月20日付)の『ナガサキフリースタイル』コーナーで紹介してもらいました。(2007年1月20日)

All about JAPAN内の『料理のABC』にオススメリンクとして紹介されました。(2006年12月9日)

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『男パフェ3(2006年10月21日)』に出演しました。

日刊ゲンダイ8月11日号「読むサイト」にて紹介されました。(2006年8月12日)

『Yahoo!JAPAN 今週のオススメサイト』に選ばれました。(2006年7月10日)

KRY(山口放送)でも『ニュースリアルタイム内特集』が放送されました。(2006年7月8日@放送日未確認)

日本テレビ系列「NIB」の『ニュースリアルタイム』(BS日テレでも全国枠で放送)に出演しました。(2006年6月29日)

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『男パフェ(2006年2月11日)』に出演しました。

@NIFTY「デイリーポータルZ」特集記事『トルコライスのすべて(2006年1月14日)』に出演しました。

ポッドキャストサイト「ちびちびながさき内テクテクナガサキVol.2(2006年1月11日)」にゲスト出演いたしました。

ポッドキャストサイト「ちびちびながさきVol.19(2005年11月15日)」にゲスト出演いたしました。

ブログポータルJUGEM「ポケマガ9月号」にて紹介されました。

ザ・ながさき2005年8月26日号「目指せ@星」にて紹介されました。

取材費用捻出コーナー